卒業生メッセージ②_木村光貴先輩_福井県立大学

新春特別企画として、武商を卒業した先輩方にお話をお聞きし、これから武商を目指す中学生の皆さんにお伝えしていきたいと思います。第2回目は、昨年3月に卒業し、福井県立大学へ入学しました、木村光貴先輩です。

木村先輩は、平成27年に武生商業高校に入学し、3年間野球部員として、甲子園を目指し日々白球を追っていました。3年生の夏には本校史上2度目となる夏の大会ベスト4進出を果たしました。入部当初から、努力を惜しまない姿勢で、同学年に3人いたピッチャーと切磋琢磨し、3年春の越前市長杯では、あわやノーヒットノーランとなる快投をし、優勝に大きく貢献しました。夏の大会では、登板機会には恵まれなかったものの、試合中も身を乗り出して声を出してチームメイトを鼓舞し続け、ピッチャー陣をサポートする姿がとても印象に残っています。3年間の中で、武商野球部にはなくてはならない存在へと成長していきました。また、野球だけにとどまらず、検定への取り組みも素晴らしく、日商簿記2級も取得されました。3年前期には生徒会長も務め、学校のリーダーとして大いに活躍していました。卒業後は、福井県立大学に進学されました。卒業して約1年がたとうとしている中、木村先輩にお話を伺って参りました。1.高校在学中は何に力を入れていましたか?

私は、文武両道ということを一年生から意識してやってきました。部活だけ頑張ることや、勉強だけ頑張るということよりも、二つとも上を目指そうと思いました。一つ頑張ると、もう一つも手を抜きたくないと思い頑張ることができました。また、三年生の前期には生徒会長のお誘いを受け、生徒会長と勉強、部活、3つのことをすべてやり切りました。( ↑ 春の越前市長杯であわやノーヒットノーランの快投を披露)

2.武生商業を選んだ理由

最初は、野口先生のもとで野球がしたいと思い、武生商業を選びました。でも、入学して、時間がたつと、商業の勉強も楽しくなってきて、自ら進んで、日商簿記検定を受けたりもしました。野球を目的に入った高校でしたが、ここで考え方がかわり、人間的に成長しようと思い、卒業後には、大きく成長できたと思っています。これも、顧問の野口先生や、担任の橋本先生のおかげだと思っています。3.商業科の科目を勉強する際のポイントは?

やはり、中学生の皆さんは商業科目というと、なかなか聞かない科目で不安だと思います。でも、周りのみんなも同じで、みんな知らない科目であり、スタートラインは皆同じです。だからこそ、先生の話をしっかり聞くことが一番大事だと思います。授業を真剣に受ければ、必ず理解できます。また、聞くというインプットの動作だけでなく、覚えたところをわからない友達に教えたりするアウトプットという動作をすることで、より理解できると思います。

4.進路選択について

私は、就職をはじめに考えていました。でも、野口先生の「教師になってみないか」という一言で、教師になりたいという思いが芽生え、そこから教師を目指すようになりました。もともと教えることが得意で、学校が好きだったので、その一言がとてもうれしかったです。そこで、福井県の経済学部がある県立大学を志望しました。

5.大学生活について

大学生活は自由な時間が増え、やりたいことしたいことを思う存分できるところだと実感しています。でも、自由の裏には責任が伴ってくると思っています。高校と違い、誰も叱ってはくれないから、その行動一つ一つに責任を持って行動することが大事だと思います。まだ、有効に時間をつかえていないと思っているので、来年は資格を取ったりもっといろいろなことをしたいと思っています。

6.大学に入って必要なこと、また高校のときやってて役に立っていることは?

高校でやってて役に立っていることは、商業科目の勉強です。大学に来て、ほかの学生たちより、有利だと少し感じています。反対に大学に入って、英語の大切さを実感しています。高校の時に、もう少し英語を勉強していたかったと感じています。

7.大学で頑張っていること

もちろん勉強や教職課程も頑張っていますが、一番は部活動です。私は、高校まで野球をやっていましたが、大学で猛烈な誘いを受け、アメリカンフットボール部に入部することを決めました。県立大学で一番きついといわれている部活ですが、その厳しい環境が自分にとって充実していると感じています。秋にはリーグ戦でスタメンフル出場できて、レシーバーとしても活躍できたと思っています。この厳しい環境があるから、勉強も頑張れているのだと感じています。

( ↑ ワイドレーシーバーとして活躍する木村先輩)

8.大学卒業後の夢は?

私は、教師になりたいと考えています。高校入ったばかりのころはとても未熟者だったのですが、高校で野口先生に出合い、人間的に大きく成長できたと思っています。この時に、私も生徒を成長させてあげられる、困った時に助けてあげられる先生になりたいと思い、教師になることを決めました。( ↑ チームのピンチに伝令として仲間を励ます木村先輩(背番号10))

9.武生商業を目指す中学生へメッセージ

武生商業は、たくさんの出会いがあり、貴重な体験がたくさんできる場所です。多くの困難もあるし、苦しいこと、つらいこともあります。でも、その困難を先生や友達と乗り越えて、たくさんの青春をしてほしいです。武生商業ではたくさんのチャンスがあります。検定試験だったり、武商デパートであったり、学校祭であったりと、いろいろなことに、いろいろな役割に挑戦してみてください。きっと人生観が変わると思います。 3年間は長いようでとても短いです。だからこそ、いろいろ試してみて、後悔のない三年間を送ってください。きっと最高の三年間になります。

(↑ 生徒会長として学校祭を成功に導く)

(↑ 卒業式では卒業生代表として答辞を読む)

木村先輩お忙しい中、ありがとうございました。今後のご活躍を心から祈念しております。